少人数・個別指導のメリット

少人数制授業のメリットとは

少人数制の授業を受けたことはありますか?小学校や中学校、高校ではクラス単位の授業がほとんどなので集団授業しか経験したことのない人も多いと思います。集団授業の場合、自分が十分に理解できていなくても多数の人がわかっていれば授業はどんどん進んでいってしまいます。また周りに人が多いのでわからないところを手を挙げて質問することも難しいかもしれません。しかし少人数制授業の場合、先生一人に対して生徒の数も少数であるので先生は生徒一人一人の理解度が把握しやすくなります。またわからないところがあったとしても、少人数の授業であれば手を挙げて質問をしなくても先生のほうから気付いてくれるかもしれません。また同じ授業を受ける生徒が自分以外にもいるので良いライバルにもなるかもしれません。

個別指導のメリットについて

個別指導と聞いて学校での授業を思い浮かべる人はあまりいないのではないでしょうか。先生一人の一度に教える生徒の人数が一人から二人程度といった個別指導のメリットはわからないところをいつでも先生に聞けるといったことです。生徒が自分以外にいない、もしくはいても一人か二人であるので質問をするのに周りの目が気になりません。また先生も生徒の苦手なところを把握しやすくなるので、生徒一人一人に対する授業方法を変えることができ、生徒の理解力の向上も期待できます。また生徒は他の生徒がいないため先生と授業以外の相談などもしやすくなり、塾が学校や進路、家庭の悩みなどを解決する助けとなる場になるかもしれません。個別指導は生徒の個性に寄り添うことのできる授業方法と言えるでしょう。

夏休みは1年で最も長い休み。ついつい気が緩みがちです。しかし夏期講習に通えば、油断することなく力を伸ばすことができます。夏休みの間に、周囲と差をつけてしまいましょう。