集団授業のデメリット

集団授業は勉強が苦手な子には不向き

集団授業は予め決められた時間やカリキュラムに沿って授業が行われます。常に一定のペースで学習が進められ、おおむねレベルの高い授業が展開されます。多くの場合受験を念頭に置いた指導体制が取られているでしょう。このような授業は学力も学習意欲もある生徒にとっては向いていると思われますが、元々勉強が苦手な子や学習意欲の少ない子には向いていないと言われています。授業は分からないまま先にドンドン進んでしまいますし、質問もしずらいので置いてけぼりになってしまうのです。講師も集団授業なので生徒一人ひとりの習熟度合いまでは把握できないのが現実でしょう。その結果授業に付いていけない生徒のケアがどうしても疎かになりがちなのです。集団授業を選ぶ時にはぜひ考慮すべき点だと言えます。

集団授業はマイペースで勉強したい子には不向き

集団授業の特徴は予め決められた時間やカリキュラムに沿って授業が行われる点にあります。学習内容や学習進度は全員同じです。一人だけ別の学習を行うという事は有りません。あくまでも画一的なのです。従ってこのような集団授業は自分のペースで勉強したいと思う生徒には不向きなのです。例えば部活に打ち込んでいる生徒が部活と学習塾を両立させようとしても集団授業では難しいのです。集団授業のカリキュラムに時間を合わせるのが不可能に近いからです。又苦手分野の克服や特定教科だけ集中的に学びたいという生徒にとっても不向きであると言えます。そのような生徒は、同じ分野同じ個所を何時間でも分かるまで教わりたいと考えているからです。集団授業ではこのような生徒の希望を叶えることは当然無理と言えます。

中学受験をする小学生の塾選びで大切なのは、塾の雰囲気です。中学受験用大手塾は複数ありますが、体育会系指導を行う塾や講師との距離が近い塾など、雰囲気は様々です。子どもの性格に合わせて選ぶといいでしょう。